#36

Fit boxing2 を毎日続けて一ヶ月弱が経った(年末からほぼ毎日やっていたが一月は1日だけサボってしまったので). 最上位の「体力強化コース」を10分だけやっているのと,元から痩せ型なのもあり,外見が著しく変わったと言えないが,良かった効果は以下の通り.

  • ご飯が食べられるようになった

一日1000cal 行かなくても平気だと思っていたが全然平気ではなかった.基礎代謝に対してマイナスにならないようにするのにこんなに食べないといけないのか......と思ったが,胃の負担がないように摂取できる方法が定着したという要因もあろうかと思うが,明らかにしっかりしたものを食べた後のだるさは無くなった.

  • 姿勢がよくなった

バレエをやっていた時のセットポジションに身体が戻った感覚があるしまた,人にも指摘された.その副次作用として

  • 息苦しさが無くなった

サボった日は一日中うっすら息苦しかった(胸が詰まり, 開いてないような感じ).むしろ猫背で作業している方がしんどくなってきた. この辺りの「サボった場合の身体的不快感」が継続の動機につながっているものと考えられる.

思考がスライドしていくが,結局のところ,コツコツ何かを頑張れない私の場合, 継続の可否は「身体的な快/不快」に大きく左右されるのではないかと予想される.(他の例:自炊, 最近サボり気味だが) つまり「身体性を伴わない報酬」のみでは動かない可能性がある. ログインボーナス,称賛,埋まっていく草,スタンプ...... 「欠けると"なんとなく嫌"(心理的な不快?)」が行動の発端にはならない. もちろん,お金(ポイントとかゲーム内通貨も含む)がもらえるとかも継続の強いインセンティブにはならない.

ガバガバ検証に仮定だが...... 朝が遅いのも,朝起きた時の寝覚の快感よりギリギリまで夜更かしして寝落ちる快感の方が強いからとか,説明がつきそう.

ちなみに2月からは両足のかかとを上げた状態でこなすようにしている,軸がブレるので結構大変.

#35

事務処理の多いこと!秘書さんには頭が上がらない.

後輩さんのスケジュールを聞きながら,作業とかお金の割り振りを行っていると 前に比べて色んなことができるようになったなあと思う.面倒くさいけど,案外嫌いじゃないのは, 恐らくだけど目に見えて出来るようになるし一対一で成果があって達成感があるから,だと思う. 嫌いじゃなさに注意した方が良さそう.単純作業が出来てしまう人間なのだ.

発表資料作りながら原稿書くのって相乗効果ありそう.脳の使っている部分が同じ.

あと今日嬉しかったこと,論文を読むのが少し楽になったこと. 英語の原稿を書くのと卒修論の校正を直近でやっていたのが理由だろう.

んで,朝起きた時喉に粉が貼り付いている感じがした.花粉シーズンかな.どっちみち異常に乾燥している.

#33

今朝Twitter でバズっていたコードの件,人の振り見て我が振りなおせというか,プライバシー的に問題がないか慌ててチェックした.多分大丈夫そう.「その人は私だったかもしれない案件」で心が痛んだ.クソバカでしょwwwwみたいな言い方する人の気配を感じてSNSを閉じる.どうしようかなあ,contribution 絶やしたくないしなあ,ローカルでそういうプログラムを書ければいいんだろうな.

気になってた方にまたもやフォローされる事案,情報取得用アカウントらしきフォローも増えてきて,何も面白いことはないのに......と思う反面,浮かれすぎないように気をつけようと手を握ってその感触に集中する.

#31

Mac版の PowerPointは[表示]>[スライドマスター]>[フォント] から細かく日本語フォントと英文フォントの設定ができない.

xml ファイルでフォントを指定し,規定のフォルダに保存すればOK.

保存フォルダはここ

/Users/bin/Library/Group Containers/UBF8T346G9.Office/User Content.localized/Themes.localized/Theme Fonts

xmlファイルで以下の通り指定.テーマの名前をつけて保存する.

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<a:fontScheme xmlns:a="http://schemas.openxmlformats.org/drawingml/2006/main" name="gothic">
    <a:majorFont><a:latin typeface="Fira Sans Medium"/><a:ea typeface="凸版文久ゴシック デミボールド"/><a:cs typeface=""/></a:majorFont>
    <a:minorFont><a:latin typeface="Fira Sans Regular"/><a:ea typeface="凸版文久ゴシック レギュラー"/><a:cs typeface=""/></a:minorFont>
</a:fontScheme>
<a:majorFont> # 見出し
<a:minorFont>  # 本文
<a:latin typeface="Fira Sans Medium"/> # 欧文フォント
<a:ea typeface="凸版文久ゴシック デミボールド"/> # 日本語フォント

フォントの正式名称はFontbook から確認しよう.

#30

[追記]

ほとんど同じことを書いている方がいらっしゃった.より詳細なので,何かの間違いでここをご覧になった方は下記ページを参考にしてください.

livingdead0812.hatenablog.com

 

=======================

 

仕組みを覚える間も無く来てるので説明できているかどうかわからないが......

jupyter notebook で.ipynb ファイルを作成/編集し,画像で結果を出力したままcheckpoint をsave するとファイルサイズが篦棒に大きくなり,結果,github のpush容量上限に引っかかってgithub 上にcommit が反映されない(ローカルの方ではbranch が残っている)問題が発生.

慌てて ignore でファイル指定しても,キャッシュが消えてくれないので意味がなかった.

 

で解決:

qiita.com

support.atlassian.com

を参考にした.

1. シェルスクリプトgit_find_big.shを上記サイトからローカルレポジトリ にダウンロード,実行

bash git_find_big.sh
All sizes are in kB's. The pack column is the size of the object, compressed, inside the pack file.
size pack SHA location
592 580 e3117f48bc305dd1f5ae0df3419a0ce2d9617336 media/img/emojis.jar
550 169 b594a7f59ba7ba9daebb20447a87ea4357874f43 media/js/aui/aui-dependencies.jar
518 514 22f7f9a84905aaec019dae9ea1279a9450277130 media/images/screenshots/issue-tracker-wiki.jar
337 92 1fd8ac97c9fecf74ba6246eacef8288e89b4bff5 media/js/lib/bundle.js
240 239 e0c26d9959bd583e5ef32b6206fc8abe5fea8624 media/img/featuretour/heroshot.png

上記サイト の出力結果をコピペしてます.上に行けば行くほど大きなファイルサイズになる(自分のローカルレポジトリ で実行したところ120MB くらいになってた)

2. 消したいファイル名"xxx"を-unmatch xxx と指定し実行.

git filter-branch --index-filter 'git rm --ignore-unmatch media/img/emojis.jar ' --tag-name-filter 'cat' -- --all

ここで私の場合は消したいファイル名にスペースが入っており

WARNING: Ref 'refs/heads/main' is unchanged

とエラーが出て実行できなかった.初歩的なことだがファイル名と正しく指定しないとだめ.--index-filter "git rm --ignore-unmatch 'hoge fuga.xxx'" とする.

実行に成功すると下記のようなログが表示される.

Rewrite hogehogeSHA 
rm 'hoge fuga.xxx'
...

 

 3. 削除できたらプッシュ

git push --all --force

 

バックアップは忘れずに.