#43

#42で書いた測地系を変えて再読み込みさせる作業を何度も発生させてしまっていて、キングオブコント2020のロングコートダディのコントの様相を呈してきた。もうずーっと脳裏に兎氏の顔と独特の眼差しが浮かんでいます。

 

ちなみに「ロコディ」という略称は、結構好きだったりする。語感がいい。

 

#42

GIS測地系関係でいつも詰まるのでメモ

空間演算ツールを使う際は,[レイヤー]のCRSが平面直角座標系である必要がある. 読み込んだ緯度経度座標系のJGD2000や,GTFS,GPSデータのようなWGS84 を空間演算したい場合は, 一度CRSを平面直角座標系に定義したshpファイルを出力してから,再度読み込む. 逆も然りで,平面直角座標系のデータをcsvに出力する時は,CRSをWGS48に定義したshpファイルを出力,再度読み込み,フィールド演算する. f:id:risa9039:20210304165212p:plain f:id:risa9039:20210304165243p:plain


プロジェクトCRS とレイヤCRS が一致していないと何かと不都合が多い. QGIS はCRSが異なっていても見かけ状は同じ位置に見えるので注意.

WGS84系のデータを単に図示したいだけなら[WGS84] としても良いが,GIS上で空間演算(距離を測ったり)することが見込まれる場合は, 平面直角座標系にしておくのが無難(だと思う).

#40

月曜火曜水曜とオーバーカロリーではないにせよ,無茶苦茶な食生活(当社比,塩分と小麦製品過多)で肌が凸凹になってきたし腹のむくみが酷いので,今日明日は固形物を摂らないように努めたい.


最近読んだ論文 * Rochet, Jean-Charles, and Jean Tirole. "Two-sided markets: an overview." Institut d’Economie Industrielle working paper (2004).

かの有名なTwo sided Market 研究.多分そんなに難しい論文じゃないのだろうけど,経済学系の論文の読み方が未だにわからない.Rochet, Jean-Charles, and Jean Tirole. "Platform competition in two-sided markets." Journal of the european economic association 1.4 (2003): 990-1029. の方は今読んでいる.多分こちらの方が式が多くて読みやすそう(当社比).

朝永振一郎の『量子力学と私』(岩波文庫)を読んでいるが「滞独日記(抄)」に救われる人は多そう.私自身,首肯することも多かった.

#39

当初やりたかったことに近づきつつある。

しかし、研究室の後輩の成果の蓄積の上にようやく出来た、時機が来たということを忘れてはいけない。それを掴めるかは私次第だが。

春のような暖かさ、形の良い薄手のカットソーと歩くたびにバサバサ言うトレンチコートが着れた。研究の話も沢山した。そんないい日だったけれど、変に冷えたか、塩気の多いものを食べすぎたか、身体全体が膨張していて少し怠い。

#38

「何でもない住宅街の描写が上手い」と褒められたことがあった. 気が狂うほど描いた記憶がないなので,意外だった.と同時に画力と呼ばれるものの大半が観察力に依拠しているのだと思わされる出来事だった. 住宅街のことは特段好きでも嫌いでもない.あるとしたら設計課題のため,あるいは専門的興味のために,住宅街を構成する要素について思いを巡らせていたことくらいだ. その興味も熱量があるかと言われるとそうでもない.

理解するために描く,描くためによく観察し理解する.

自分自身のことを考える時間が少しずつ減ってきて,逆に日々の過ごし方がよく分からなくなっている.これまでどうしてたっけ?

#37

いつまでも背水の陣のような追い込まれたような気持ちや気迫でやれたら天才だよ,という一言で結構救われた感がある. (気迫に満ち満ち溢れている人が周りに多いため)

あとgeojsonのこと段々わかってきた,簡単なデータ処理もできるようになってきた.